• 後継者探し
  • 創業40年・薬局社長が引退の際、お考えになること

創業40年・薬局社長が引退の際、お考えになること

2018-05-21

前回、【「早すぎる」タイミングが承継のタイミング?】でご案内をさせていただいた事例の続きです。創業40年・面応需で、売上にして1.5億を超える薬局に育てられた薬局社長は、自身の引退を考えられた際、どのような方に、どのような形で薬局を譲られることになったのでしょうか。

創業40年・薬局社長が引退の際、お考えになること

社長が買手に求めたこと

買手探し行う際に社長が一番におっしゃったのが、すでに大きな法人ではなく、これから薬局を開業されたい、個人の方にお譲りしたい、ということです。
社長も、20代のころ、ゼロから薬局をスタートされ、こつこつと薬局を育ててこられました。
そのような経験から、同じように、薬局開業を志されている方を応援したい、という気持ちがあったようです。

また通常、譲渡となると、一定の引継ぎ期間は設けるものの、その期間は、承継月前月の数日~数週間と、比較的短い期間です。
そんな中、今回社長は、いきなり新しい経営者に変わると患者様が離れてしまうので、数年は、店舗に入りながら、買手薬剤師をフォローしたい、というお話をされました。
譲渡して終わり、ではなく、「大切に育ててきた薬局の患者様を減らしたくない」、「次の方が軌道に乗るまで見届けたい」というのが社長の想いでした。

承継にあたっての流れ

さっそく買手探しを始めたところ、個人、法人問わず、多くの手が挙がりました。
立地もよく、面応需でバランスよく処方を受けている優良店舗だったため、地場の中堅法人で、譲りうけにあたり、高めの譲渡対価で提示くださった先もありました。

しかし社長としては、譲渡対価の高さより、個人の方に末永く勤務してほしい、という想いが強く、数年前より開業を志し、準備をされていた一薬剤師の方に、薬局を譲ることを決められました。
個人の方ですと、貯金や借り入れを含めても、体力のある法人に比べると、初期投資として可能な額は少々少なくなってしまいます。
しかし、それよりも「個人への承継」という部分を優先させた、とお話くださりました。

開業希望薬剤師への承継のお話を進めてみて・・・

じつはこのA薬局様のお話ですが、現在、社長、買手様ともに承継に向けて前向きに進めている段階で、実際の承継は、夏頃になる予定です。

現在は、買手の薬剤師の方が、現職のお休みの日に少しずつ店舗に入られ、引継ぎを行っているのですが、お二方の医療および薬局経営に対するお考えは共感できることが多いようで、とてもよい形で進んでいます。

また、社長の趣味はアウトドアとのことですが、これまでは、薬局運営を優先され、ほとんど3日以上のお休みを取れていませんでした。
そのため、夏に薬局をお譲りになられた後は、泊まりで旅行に出かけ、山登りをするのが楽しみ!と、いまから楽しそうにお話をいただいています。

【連載】なぜ『事業承継』が選ばれているのか?

経営のお悩みを相談することも解決方法の一つ

薬局経営者様のお悩みは人それぞれ

わたしたちCBアドバイザリーは、調剤薬局の多様な事業承継のご支援を通し、皆様が大切に運営してきた薬局と地域医療を新しい世代へとつなぐため、<事業承継を検討の薬局>×<独立開業希望の薬剤師>双方の最適なマッチングを行っております。

相談してみませんか?

今後の参考としてご相談されるだけでも構いません。
ご相談は無料です。秘密厳守にて対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

薬局運営について相談する

CURATION BY

田代 チエ

新卒でCBグループに入社し、医師・薬剤師の転職支援に携わった後、 新規立ち上げメンバーとして、開業支援部に異動。 薬剤師の独立開業支援を専門に、「あなた以上にあなたの夢を形にする」 を実現すべく、真摯なご支援を心がけています。

ページトップへ戻る

運営会社プライバシーポリシーお問い合わせ