• 後継者探し
  • 開業希望薬剤師への承継後、業績がぐんとアップした薬局実例

開業希望薬剤師への承継後、業績がぐんとアップした薬局実例

2018-06-19

「うちの薬局なんて引き継いでくれる人いるの?」これまで、多くの薬局経営者様より受けたご質問です。 実際に新たな経営者に引き継いでも、経営的に厳しい薬局もありますが、新経営者が工夫を凝らすことでぐんと収入をアップされたケースもあります。本日はそんな薬局の実例のひとつを紹介させていただきます。

開業希望薬剤師への承継後、業績がぐんとアップした薬局実例

承継前のA薬局

今回ご紹介させていただくのは、関東圏内にあるとある小児科門前薬局の例です。
その薬局は、売上が約4,500万円/年、技術料が約1,750万円/年、処方箋枚数が約10,250枚/年と売上規模的には少し小さな薬局でした。

また、「後継者探し」というトピックからは少しそれるかも知れませんが、比較的規模の大きいチェーン薬局が運営されているところで、不採算ではないものの、当該薬局の運営基準売上からは外れることもあり、経営資源の選択と集中のため譲渡をお考えでした。

規模的な理由もあり、法人ではなく、経営者兼管理薬剤師として入れる、開業希望の薬剤師の方で承継いただける方お探ししていたのですが、そんな中手を上げてくださったのが、開業希望薬剤師・Cさんでした。

A薬局を引き継いだ、開業希望薬剤師・Cさん

Cさんは、開業当時もまだ20代後半でいらっしゃいましたが、そのずっと前の大学在学中から漠然と将来は薬局経営に携わりたいとお考えでした。大学ご卒業後は、比較的早期の管理薬剤師の経験ができ、給与も他の法人様に比べ高い(=開業資金を貯金できる)というご理由で、調剤併設ドラッグストアに就職された方です。

就職3年経過後より、本格的に承継先を探し始め、その約1年後に出逢ったのが今回の小児科門前のA薬局でした。このA薬局、本当はCさんの理想の収益から若干下回っていた案件だったそうです。

ただ、人件費の適正化や、各種加算の算定、その他営業努力によって、ご自身で収益を伸ばすことができるのでは・・・と感じ、手を挙げることを決めました。
また、A薬局がCさんの母校からも程近く、土地勘があったこと、その縁で大学の後輩にパート勤務をお願いできそうなことも決断を後押しした一因だったと伺っています。

開業希望薬剤師・Cさんに運営が変わり、変わったこと

まだ20代のCさん、開業直後(前)から精力的に動かれ、多くの点が改善されました。

まず、先生とのコミュニケーションを積極的にとり、かつ患者様にも根気強くお話することで、後発医薬品割合を75%→93%にアップさせました。これにより、年間100万円近い粗利のアップにつながっています。

また、大手時代は15~20分待ちが当たり前だった待ち時間を、予製の見直し、入力の工夫、事務員の教育等行うことで、3~5分に短縮。患者様からも好評を得られているそうです。加えて、店内の混雑状況や医薬品の欠品により1日1~2件のチャンスロスが生じていたところも、Cさんにかわってから、取りこぼし0にかわったといいます。

その他でも、業者に頼んでいた床清掃を解約し、連休などを利用し個人でワックスがけを行うことで、年間30万円の経費を削減!閉局時間を1時間得院長することで、面で働く世代の処方箋を獲得!正社員事務1名体制を、扶養内パート2名にすることで、年間150万円の経費を削減!
ここまで徹底できる方は、開業希望薬剤師でも多くはないかも知れませんが、以前の体制時より年間300万円以上の増益を見込んでいるそうです。

これから開業をされる、やる気にあふれた薬剤師だからこそ、営業努力もされますし、国の方策等にも柔軟に対応が可能です。現在、思うような収益が出ていない薬局様でも、今後の伸びしろがあれば、十分よい形で運営していただけます。
A薬局とCさんをつなぐ、承継開業のお手伝いをさせていただき、実感したことです。

ひとつでも多くの薬局が、よい形で地域にのこるために、このようなケースが増えていくことを心から願い、またそのお手伝いができればと考えています。

【連載】実例!『事業承継』という選択肢

あわせて読みたい!一緒に読むと理解が深まる記事

経営のお悩みを相談することも解決方法の一つ

薬局経営者様のお悩みは人それぞれ

わたしたちCBアドバイザリーは、調剤薬局の多様な事業承継のご支援を通し、皆様が大切に運営してきた薬局と地域医療を新しい世代へとつなぐため、<事業承継を検討の薬局>×<独立開業希望の薬剤師>双方の最適なマッチングを行っております。

相談してみませんか?

今後の参考としてご相談されるだけでも構いません。
ご相談は無料です。秘密厳守にて対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

薬局運営について相談する

CURATION BY

田代 チエ

新卒でCBグループに入社し、医師・薬剤師の転職支援に携わった後、 新規立ち上げメンバーとして、開業支援部に異動。 薬剤師の独立開業支援を専門に、「あなた以上にあなたの夢を形にする」 を実現すべく、真摯なご支援を心がけています。

ページトップへ戻る

運営会社プライバシーポリシーお問い合わせ