• 後継者探し
  • 後継者不在。M&Aという選択肢を選ぶとしたら、どんな種類があるか?

後継者不在。M&Aという選択肢を選ぶとしたら、どんな種類があるか?

2018-03-27

薬局の後継者がいない場合の選択肢の一つとして、M&Aという手段があります。 ただ、一口にM&Aといっても種類が様々あるのをご存知ですか? 売主様がどんな形で譲渡対価を受け取って、どのように過ごしたいか等、ご希望に応じて ご提案できる形が複数ある中で、代表的なM&Aの形をお話いたします。

後継者不在。M&Aという選択肢を選ぶとしたら、どんな種類があるか?

薬局を譲った後、どうしたいか?即引退だけじゃない、M&Aの方法

長年経営してこられた調剤薬局を譲り渡した後、完全に引退なさるか、
社長業を続けていかれたいか、それとも、現場の薬剤師として残られるか?
または、処方元医師や患者様との深い関係性から
顧問として薬局とつながりを持っておかれるという方法もあります。

●子会社社長として残る

大手チェーン薬局の子会社になる場合、子会社社長としてそのまま残ることができます。
すべてをご自分の手腕で運営してきた今の状況とは違い、
親会社との関係性も良好に保つ必要がありますが、
後々引退をお考えの際には、大きな後ろ盾があるため
安心してハッピーリタイヤを迎えることができます。

●顧問として残る

処方元医師や患者様と深くお付き合いをしてこられた売主様においては、
どなたかに薬局を譲って売主様は身を完全に退かれるとなると、
医師から反対の声が上がるケースもあります。
そんなとき、これまでの関係性を維持しながらも、徐々に買主様との関係性も
築いていっていただくために、顧問として残るという方法があります。
買主様にとっても喜ばれることがあり、顧問契約として収入も入ってきます。

どんな相手に薬局を譲りたいか?規模は大~小まで様々あります。

●大手チェーン薬局

スケールメリットを生かした経営や、職員のキャリアアップが叶います。
個人薬局でお勤めだった一管理薬剤師様が、M&Aを経て親会社の幹部へ
昇進された実例を何例も見ております。
また、一店舗スタッフも、大手ならではの充実した福利厚生に恵まれ、
満足のお声をお聞きしております。

●地場の中堅・小規模薬局

お互いよく知っている仲の調剤薬局や、似たような規模の薬局が一緒になって
さらに地場で基盤を固めたいというお考えが叶います。
大手とは違った地域へのアプローチができ、患者様からも馴染みのある薬局として
認識していただけるメリットがあります。
地域の薬剤師会などでご活躍されている薬局同士でお話が進むケースもあります。

個人薬剤師への譲渡という選択肢もあります。

現在どこかでお勤めされている薬剤師の中で、独立開業を目指していらっしゃる方が
多くいらっしゃいます。
開業希望の薬剤師にとって、新規開業よりも最初から処方箋の見込める承継開業は
とても理想的で、売主様の想いも一緒に引き継ぐというお考えをお持ちです。
そういった個人の方へ、大切に経営してこられた薬局を承継することで、
地域の中に根付いてきた薬局が、そのまま残ることになります。

ご引退をお考えの際は譲る相手も選択肢が様々あり、売主様が薬局を
どのように引き継いで、どのように残していってもらいたいか、
そのご希望に応じてご提案させていただきます。

経営のお悩みを相談することも解決方法の一つ

薬局経営者様のお悩みは人それぞれ

わたしたちCBアドバイザリーは、調剤薬局の多様な事業承継のご支援を通し、皆様が大切に運営してきた薬局と地域医療を新しい世代へとつなぐため、<事業承継を検討の薬局>×<独立開業希望の薬剤師>双方の最適なマッチングを行っております。

相談してみませんか?

今後の参考としてご相談されるだけでも構いません。
ご相談は無料です。秘密厳守にて対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

薬局運営について相談する

CURATION BY

藤田 恵美

教育サービス業界を経て、CBグループへ入社し10年目になります。 薬剤師の転職支援に長く携わる中で、薬局承継のご相談をいただくことが多く、承継・開業支援業務へ就きました。経営者様の想いを大切に、地域貢献いたします!

ページトップへ戻る

運営会社プライバシーポリシーお問い合わせ