• 業界最新情報
  • 地域連携薬局、専門医療機関連携薬局の認定要件をチェック!

地域連携薬局、専門医療機関連携薬局の認定要件をチェック!

2021-04-07

「2021年8月に始まる薬局認定制度とは?」において、地域連携薬局、専門医療機関連携薬局の認定制度の概要について解説しましたが、地域連携薬局と専門医療連携薬局の認定を受けるには、どのような要件をクリアする必要があるのでしょうか。

地域連携薬局、専門医療機関連携薬局の認定要件をチェック!

地域連携薬局の主な認定要件

地域連携薬局は「患者のための薬局ビジョン」の「かかりつけ薬剤師・薬局の機能」をカバーするものです。
主な認定要件は以下の通りとなります。

【地域連携薬局の主な認定基準】
1.利用者のプライバシー等に配慮した構造設備
(1)間仕切り等で区切られたなど、相談内容が漏えいしないよう配慮した設備
(2)高齢者、障害者等の円滑な利用に適した構造

2. 医療機関・介護事業者・他薬局等との情報共有体制
(1)地域包括ケアシステムの構築に資する会議への参加
(2)地域の医療機関に勤務する薬剤師等に対して、随時報告及び連絡ができる体制
(3)地域の医療機関に勤務する薬剤師等に対して、報告及び連絡した実績(過去1年間で月平均30回以上)

3. 利用者に安定的に薬剤等を提供する体制
(1)閉店時間外の利用者からの相談対応体制
(2)休日及び夜間の調剤応需体制(他薬局との連携可)
(3)地域の他の薬局への医薬品提供体制の整備
(4)継続して勤務している常勤薬剤師の配置
(常勤薬剤師の半数以上が、その薬局で1年以上常勤として勤務)
(5)地域包括ケアシステムに関する研修を修了した常勤薬剤師を半数以上配置
(6)医療安全対策の実施

4. 在宅医療に必要な対応ができる体制
(1)在宅医療の実績(過去1年間で月平均2回以上)
(2)麻薬調剤ができる体制
(3)無菌製剤処理を実施できる体制(他薬局との共同利用可)

地域連携薬局において実績が求められる要件とは

地域連携薬局の認定要件のうち、実績が求められる要件が2つあります。

■2-(3). 地域の医療機関に勤務する薬剤師等に対して、報告及び連絡した実績
(過去1年間で月平均30回以上)

<該当するもの>
・利用者の入院に当たって情報共有を行った実績
・医療機関からの退院に当たって情報共有を行った実績
・外来の利用者に関して医療機関と情報共有を行った実績
・居宅等を訪問して情報提供や指導を行い、その報告書を医療機関へ提出して情報共有
※上記については、服薬情報等提供料や退院時共同指導料、服用薬剤調整支援料など
調剤報酬を算定していなくても、情報共有をしていれば実績と認められます。

<該当しないもの>
・疑義照会
・服用中の薬剤に係るお薬手帳への記載
・医療機関からの検査値のみの情報提供

■4-(1). 在宅医療の実績(過去1年間で月平均2回以上)
以下の場合は、「1回」とカウントすることが示されています。
・複数の利用者が入居している施設を訪問した場合 
・同一人物に対して同一日に訪問した場合
 ※都道府県によって異なる場合があります

上記、在宅医療の実績のカウント方法のほか、休日夜間対応や無菌製剤処理体制などは、地域の事情に応じた柔軟な判断が許容されています。

専門医療機関連携薬局の主な認定要件

専門医療機関連携薬局は「患者のための薬局ビジョン」の「高度薬学管理機能」をカバーするものです。
傷病の区分はがんと定められ、今後、傷病の区分を追加した際は、それに対応する基準を新たに定めるとしています。
主な認定要件は以下の通りとなります。

【専門医療機関連携薬局の主な認定基準】
1. 傷病の区分は、がんとする

2. プライバシー等に配慮した構造設備
  (1)利用者が座って服薬指導等を受ける個室等の設備

3. 専門的な医療の提供等を行う地域の医療機関等との情報共有体制
  (1)がんの専門的な医療の提供等を行う医療機関の薬剤師等へ報告・連絡した実績
(過去1年間で来局したがんの利用者の半数以上において、薬剤等に関する情報を報告・連絡)

4. 専門的な調剤・指導を適切に実施できる体制
(1)癌の専門性の認定を受けた常勤の薬剤師を配置
  (2)専門的な研修の計画的な実施
(3)医薬品の適正使用に関する情報の提供実績 

連携先として重要となる「がんの専門的な医療の提供等を行う医療機関」については、厚生労働大臣が指定するがん診療連携拠点病院、都道府県が専門的ながん医療を提供するものとして認めた医療機関などを指します。

多くの薬局が認定を検討しているのは地域連携薬局になりますが、国は、2つの認定薬局の基準を満たすことができれば「ダブル認定」も可能と示しています。
8月以降、申請の件数がどこまで伸びるのか、注目が集まります。

※医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行 規則の一部を改正する省令の公布について

※医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律等の
一部を改正する法律の一部の施行について(認定薬局関係)

※地域連携薬局及び専門医療機関連携薬局の認定基準に関するQ&Aについて

記事制作元::CBニュース編集部

経営のお悩みを相談することも解決方法の一つ

薬局経営者様のお悩みは人それぞれ

わたしたちCBアドバイザリーは、調剤薬局の多様な事業承継のご支援を通し、皆様が大切に運営してきた薬局と地域医療を新しい世代へとつなぐため、<事業承継を検討の薬局>×<独立開業希望の薬剤師>双方の最適なマッチングを行っております。

相談してみませんか?

今後の参考としてご相談されるだけでも構いません。
ご相談は無料です。秘密厳守にて対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

薬局運営について相談する

CURATION BY

CBアドバイザリー

CBアドバイザリー編集部です。 薬局経営のお役立ち情報を発信していきます。

ページトップへ戻る

運営会社プライバシーポリシーお問い合わせ