採用活動に掛ける時間の確保は出来ていますか?

2018-09-26

採用が出来ないとお悩みの経営者の方は多いかと思います。そこで、採用にかける時間は確保されているでしょうか。求人の問い合わせがあった際に誰が対応しますか?質問や交渉をされた際はどうされますか?現状を振り返ってみることで採用のヒントに繋がるかもしれません。

採用活動に掛ける時間の確保は出来ていますか?

御社の採用窓口担当者はどなたでしょう?

「ハローワークなどに求人を掲載しているが応募がない。」
「紹介会社へ依頼しているけれど問い合わせがこない。」 など

エリアによって偏りはあるかと思いますが、上記のようなお悩みを持たれる経営者の方は少なくないかと思います。人材が溢れているような大都市であればいざ知らず、人材でお悩みの経営者の方であれば、求人の問い合わせや紹介会社からの一報は貴重なチャンスのはずです!では、そのようなチャンスを活かす為の対応窓口はしっかり確保されているでしょうか。御社の採用担当者は、社長ご自身ではありませんか?または、他業務(管理薬剤師など)と兼務ではありませんか?
選任の担当者がいることが望ましいですが、小規模の運営であればそうはいきません。しかし、担当者が1名だけの場合

・現場で調剤中、投薬中だった
・別業務の交渉中だった

など、貴重なチャンスを逃してしまうかもしれないリスクを想定しなくてはなりません。

採用の問い合わせに対応できるのはいつですか?

上記に付随しますが、問い合わせに対応出来る時間は確保されているでしょうか。例えば、現場勤務の代表者様が採用窓口でいらっしゃる場合、日中の営業時間内であれば、目の前の患者様を対応しなくてなりません。患者様をほったらかして電話をとったり、メールの返信をする訳にはいきませんよね。ましてや、採用難で猫の手も借りたいというな運営状況であればなおさらです。そうなると、必然的に対応できるのは営業終了後になります。仮に午前中に連絡があったとすれば6時間、7時間後の対応です。

薬剤師の転職支援に携わってきた身として、どうしてもこの薬局で勤務したい!!というような非常にレアなケースを除いて、一度の転職活動で3~5社程度の面接に進むのがスタンダードです。ということは、問い合わせをするのはその数倍です。6時間後の対応では時すでに遅し・・なんていうことは決して特異な例ではありません。

では、どのように対応したら??

単純な話ではありますが、1次受付の窓口を複数化してみてはどうでしょうか。あくまで1次受付であって、面接をおこなったり、合否を判定するのではなく

現状でどういった薬剤師を採用しようとしているのか
常勤なのかパートなのか
常勤なら年収はどれくらいの幅なのか?
勤務日でマストな条件はあるのか?
パートなら、時給はどれくらいの幅なのか?
週何時間勤務から応募可能なのか?
マストな条件の勤務曜日や時間は?

最低限このくらいの情報が把握できていれば候補者を捕捉しておけるのではないでしょうか?

いやいや、うちの店舗はそんな人はいないよ。と感じられた場合、採用代行という一次受付を委託できる会社があります。現場薬剤師を兼務されている経営者の方であれば、このような外部委託というのもひとつの選択肢ではないでしょうか。
また、採用代行は契約内容によってもですが、求人票の作成や紹介会社へのアプローチ、契約内容に応じては面接対応までおこなってもらえる会社もあります。

求人募集⇒人手不足⇒採用に掛ける時間の圧縮⇒機会損失

という負のループにはいってしまわぬ為にも、貴重なタイミングを逃す機会損失だけは防ぎたいものです。

あわせて読みたい!一緒に読むと理解が深まる記事

経営のお悩みを相談することも解決方法の一つ

薬局経営者様のお悩みは人それぞれ

わたしたちCBアドバイザリーは、調剤薬局の多様な事業承継のご支援を通し、皆様が大切に運営してきた薬局と地域医療を新しい世代へとつなぐため、<事業承継を検討の薬局>×<独立開業希望の薬剤師>双方の最適なマッチングを行っております。

相談してみませんか?

今後の参考としてご相談されるだけでも構いません。
ご相談は無料です。秘密厳守にて対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

薬局運営について相談する

CURATION BY

黒澤 俊貴

新卒で某カー用品店にて勤務をしておりました。 転職で前身のCBキャリアへ入社し、薬剤師の転職支援に携わって参りました。現在は薬局の個人承継に従事しています。タイヤ交換と薬剤師採用については私にお任せください!

ページトップへ戻る

運営会社プライバシーポリシーお問い合わせ