採用した薬剤師、定着率はいかがですか?

2018-03-27

薬剤師の採用でお困りの経営者は多いと思います。採用のご支援をする中で多くの求人をお預かりしてきました。 ご縁があって入職された薬剤師、その後の定着率はいかがでしょうか? 多額の採用活動費を投じて採用した薬剤師に、永く活躍してもらいたいのはみなさん同じだと思います。

採用した薬剤師、定着率はいかがですか?

何故、転職するのか?

そもそも、転職をされる薬剤師の方々は何を求めているのでしょうか?転職をする理由を知る事で、その要因を取り除く事が出来、定着率をあげる有効な手段となりえるはずです。

私が転職支援をおこなう中で、最も多い転職理由が『人間関係』でした。調剤薬局に勤める薬剤師は、狭いコミュニティの中で多くの時間を過ごします。そのコミュニティでベテラン管理薬剤師や事務と馬が合わないや、そもそも運営方針と自分の考えが大きくズレがある、といった場合、相談できる相手が少ない環境で業務を継続せざるをえません。それが大きなストレスとなり、転職を決断する大きな引き金となります。

その他によく伺う理由として多いのは、給与を上げたい(維持したい)、休みを増やしたい、残業を減らしたい、などの環境的要因をあげる方と、異なる環境で自身の経験値をあげ、スキルアップをしていきたい方などの話を良く伺います。

採用にかかる労力

次は、採用する側の薬局から考えてみたいと思います。薬剤師の採用で思いつく方法として、伝手を使った採用、紹介会社からの案内、広告媒体(無料・有料含む)からの応募が挙げられます。それぞれのメリット・デメリットを整理してみましょう。

【伝手を使った採用】

≪メリット≫ 費用が掛からない、採用前に人柄を把握できる
≪デメリット≫ネットワークが必要
      希望するタイミングや雇用条件で採用出来るとは限らない

【紹介会社からの案内】

≪メリット≫ 希望のタイミングや雇用条件で採用活動が出来る
≪デメリット≫高額な費用(紹介料)

【広告媒体からの応募】

※有料・・転職サイトへの掲載、フリーペーパーなど
※無料・・ハローワーク、店頭告知など

≪メリット≫ 紹介会社からの採用に比べ費用が抑えられる(掛からない)
≪デメリット≫反応は比較的少ない⇒採用活動が長期化する可能性が高い



以上が、大まかではありますがメリット・デメリットではないでしょうか。上記では費用面、採用に掛かる期間などを比較しましたが、タイミング良く応募(紹介)があった場合はここから面接を経て、内定、条件書作成、内定承諾、入社前準備と多くの時間と労力を費やすのはご存知の通りです。

採用にかかるコストを考えると費用だけを考えがちですが、そこにかかる人手や時間も大きなコストとなります。定着率を高める事が出来れば、採用活動にかかる大きなコストを節減する事に繋がります。

定着率を上げる為には

ここまで、薬剤師側、薬局側双方の立場から採用を考えてみました。では、どのようにしたら定着率をあげられるのかを考えてみたいと思います。重要となるのは、採用段階で永く勤務できる方を雇用する事です。

当たり前の事だと思われますが、いざその場面になってみると以外に難しいものです。何故当たり前の事が出来ないか、それは焦りだと思います。突然、退職の申し出を受けた、月末に退職が決まっているなど、期限が迫っている場合は、採用せざるを得ない状況があると思います。そうならない為に、余裕のある採用計画をオススメします。

では、余裕のある採用計画をおこなう為には何が必要なのか?それは、従業員とのコミュニケーションではないでしょうか。経営者の方が現場に立たれている場合なら、従業員の方の些細な変化にも気づくことが出来るかもしれません。しかし、複数店経営されている場合そうはいきません。相談が出来る環境や状況を把握できるような整備をする事が重要になります。円滑なコミュニケーションがとれる環境が整えば、退職の前段階で手が打てるはずです。また、円滑にコミュニケーションがとれる職場なら人間関係に疲弊して退職する事も無くなるはずです。

経営において「ヒト」は切っても切れない資源です。その資源を活かすも殺すも経営者次第です。定着率をあげる事は、資源の有効活用に繋がるのではないでしょうか。

あわせて読みたい!一緒に読むと理解が深まる記事

経営のお悩みを相談することも解決方法の一つ

薬局経営者様のお悩みは人それぞれ

わたしたちCBアドバイザリーは、調剤薬局の多様な事業承継のご支援を通し、皆様が大切に運営してきた薬局と地域医療を新しい世代へとつなぐため、<事業承継を検討の薬局>×<独立開業希望の薬剤師>双方の最適なマッチングを行っております。

相談してみませんか?

今後の参考としてご相談されるだけでも構いません。
ご相談は無料です。秘密厳守にて対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

薬局運営について相談する

CURATION BY

黒澤 俊貴

新卒で某カー用品店にて勤務をしておりました。 転職で前身のCBキャリアへ入社し、薬剤師の転職支援に携わって参りました。現在は薬局の個人承継に従事しています。タイヤ交換と薬剤師採用については私にお任せください!

ページトップへ戻る

運営会社プライバシーポリシーお問い合わせ